2012年6月9日土曜日

上架船底塗装、今年からやり方が変わったこと、斉藤実さんの船を身近に見たことなど


例年、船底掃除と塗装は安良里漁協に依頼してきたが、今年から船台所有者のアラリシップビルダーズとの直接契約にして欲しいとのこと。今まで船台を漁協が借りる形で手が空いている漁師さん達を使って塗装をやっていたが、みんな高齢化してしまい、やる人がいなくなった由。あれ、かなりきつい仕事だから、仕方がないか。

漁協の対岸のアラリシップビルダーズにクルマを乗り入れ、テンダーと人手を貸して貰い、バースに「でんでん」を取りに行く。船台に船を押し込むと、すぐに引っ張り上げてくれる。船底はかなり汚れていたが、5人がかりでやるので、あっという間に掃除が完了。天気の合間を見て作業するには人手が多いに越したことはない。

ちなみに汚れていた船底の写真〔恥ずかしいけれど〕:


去年身体を壊してからはほとんど乗っていないので汚れがひどい〔動いていないと効きが悪いタイプの船底塗料を使用している〕。それにしても一年でこんなに汚れるとは。

亜鉛もなくなりかけ。ただプロペラシャフトに付けていた亜鉛だけは健在。「ペラクリンを塗ってから亜鉛を巻いていたので絶縁されており防蝕電流が流れなかったためだ。こんなことをやるのはバカの見本」との工場長のご託宣。スミマセン。

ちなみにこの工場長、松崎町の人。なかなかいい人である。

さて、いつ船底塗料を塗るか天気次第だが、船を降ろすとなるとテンダーをどうするかなあ。船を降ろしてそのままバースに行くと、おいらは帰れなくなるし、テンダーを引っ張って行こうにも漁協の共同テンダーは対岸にあるし、頭の悪いおいらはいろいろ悩む。

閑話休題。アラリシップビルダーズの浮き桟橋に、斉藤実さんのあの世界一周ヨットがつながれていた〔ここで補修作業をしていた〕。思ったよりクラシックなヨットである。電動ウインチなんかも付いていないようだ。斉藤実さんは79歳の筈だが、どうしてあんな体力があるのだろう。偉大な人である。ヨットの写真:


3 件のコメント:

橋本尚幸 さんのコメント...

今朝船を降ろした。バースにテンダーでアラリシップビルダーズの人が迎えに来てくれたので、陸に戻ることが出来てよかった。

船台の前に新しいポンツーンや造船所社長の44フィートのヨットなんかが泊まっているので、バックで長く走らないと広い水面に出られない。「でんでん」はバックが得意だから問題ないけれど、ロングキールボートは苦労しそう。

匿名 さんのコメント...

思い出しました、社長さんの艇コンテッサ?に横抱きさせてもらいました、台風でチークのラブレールが壊れたとかでサーベイヤーがきてましたね、斎藤さんの横浜のウラリ桟橋まで見送りに行きました、海上には自艇を入れてヨット、ボートが7-8艇のみ、、欧米並みに消防艇の虹のアーチや海保艇が三崎沖まで先導を期待したが肩透かし、メインだけを上げて南下する斎藤さんを横須賀あたりまで追走しチャレンジのの無事を祈りました   田中

橋本尚幸 さんのコメント...

Facebook の田中さんですね。小生ブログにようこそ。よく見つかりましたね。書き込み自由ですから気軽にやって下さい。

安良里に来られたのは去年の台風15号の時ですね。隣の船の舫いロープが三本も切れて暴れ回って、おかげでたいへんでした。ご無事でよかったです。