2013年8月2日金曜日

DVD「白 鯨 MOBY DICK (冒 険 者 た ち / 因 縁 の 対 決) 」

昔のヨット仲間が送ってくれたDVD。こんな映画がでているとは知らなかった。キャストを見ると、なんとウィリアム・ハートがエイハブ船長を演ずるという。ウィリアム・ハートというと往年の美青年であることもさることながら、「根っから善良ないいやつだけれど、それゆえにある種の悲しみから逃れられない陰翳のある男」といった役柄がお上手。エイハブという名前を持って生まれた因業からか生まれつきの偏執狂であるエイハブ船長とはどうにもイメージが合わない。どういうことになるのか恐る恐る見てみたが、結論から言ってこれ大成功の映画化でした。いままでの「白鯨もの映画」の中で白眉の出来具合ではないか?小説の解釈も〔現代風に些末なところで手を入れたところもあるけれど〕原作に素直に忠実で好ましい。メルヴィルは本当はこれを強調したかったのかも知れないという、おいらなりの「新解釈」も発見しましたよ。

『白鯨』は実に多用な解釈が成り立つ作品である。ピークォド号は多民族国家であるアメリカ合衆国の象徴であるとか、モービーディックは滅びゆく白色人種の凶暴性そのものであるとか、海は人生と世界であるとか、いろいろ。そんな難しい解釈は別にしても『白鯨』のテーマは男の「偏執」にあるとするのは妥当なところだが、おいらはこの映画を観て感じたが「偏執そのもの」がテーマであることに加え「人から人への偏執の伝染と伝播」が重要なテーマとなっていることに気がついたのである。

たとえば原作と映画で重要な契機となるエイハブ船長のアジ演説がある。エイハブ船長は船員全員を甲板に集めた後、まず金貨をマストに打ち付け、白鯨を最初に見つけたものにはこの金貨をやると金銭欲で釣る。次に捕鯨のやり方の手順を全員に復唱させて原始的な狩猟本能に皆が燃え上がるのを待つ。それからチームワークに訴え白鯨を殺すのはみんな全員が力を合わせなければならぬ高尚な使命だとアジり、全員に歓声を上げさせる。最後にこの使命に背くものは反逆者だと結論づけ一切の反論を認めないことを念押しし全員に誓わせる。スターバックなどの良識派は口をつぐまざるをえず、いまや全員が狂気に狂う。みごとなアジ演説だ。でもこれは強面の真面目演説だけでは絶対に成功しない。エイハブ船長は巧みに部分部分で愛嬌と人間味を混ぜて話し続けるのだ。これこそがウイリアム・ハートでないと出来なかった演技。大根グレゴリー・ペックにはどだい無理だった。「確執の伝染性」がみごとに表されているシーンだ。

悪漢ヒトラーもたまに人間味を見せるときがあったという。ドイツ国民はコロッとだまされてその後どうなったから皆の知るところ。注意したいものである。

この「確執の伝染」というテーマは、メルビルが『白鯨』と相前後して書き下ろした小説『代書人バートルビー』のテーマでもある。ニューヨークの代書人事務所に傭われた若者の偏執性が徐々に雇い主にも伝染して行き、抜き差しならない状況が生まれて行くという恐怖小説。時期的に見ても当時のメルヴィルの主要な関心事はここにあったと考えてよさそうである。

もちろん『白鯨』の今日的解釈はいつでも可能だ。主人公の語り部「イシュメール」はこの大惨事から「我一人逃れて汝らに語らんとして」生還する。しばらくはもう海はこりごりとばかり陸の生活を送るだろうが、やがて「陸の生活に飽き海が無性に恋しくなり」またぞろ捕鯨基地ナッターケントを目指すことは目に見えている。再度白鯨を追っかける大冒険が始まるのだ。白鯨は不死身に見えるが既に手負いだ。やがては物量で勝るアメリカ合衆国の象徴である第二第三のピークォッド号に仕留められてしまうだろう。かくして白色人種による力による世界支配が終わりついに多民族国家の世界が誕生するのだ……とかの解釈も出来るのである。その辺は読者が勝手に新解釈を創り上げればいいことになっている。



白 鯨 MOBY DICK (冒 険 者 た ち / 因 縁 の 対 決) [DVD]

2012年9月14日金曜日

暑い中「でんでん」の面倒を見る

思えば去年の台風以来〔船底掃除上架以外では〕乗ってないのだ。修理に時間がかかり、それが終わると今度は病院の厄介になってしまった。リハビリ中の体を叱咤激励し、安良里港沖の「でんでん」に向かう。どうなっているのかまず知る必要がある:


  1. 外観異状なし。まずは良かった。
  2. 室内に入る。摂氏気温38度。暑いが湿気なし。ソラーヴェンチレーターも動いている。除湿剤は全て水になっている。一部のロッカー内部は少しかび臭かったがキャビンにカビはない。新しいドジャーのおかげでスライディングハッチからの雨水の漏れはなかった。
  3. バッテリーチェック。ソラーパネルのお陰で2つとも満タン状態。OK。
  4. スルハルバルブ〔6つ〕開放。動きスムーズ。
  5. エンジンオイルレベルOK。
  6. エンジン始動。一発で掛かる。これだけ暑ければチョークもほとんど必要ない。警報ならず。
  7. 冷蔵庫の中に少しカビ。拭き取る。
  8. 食料庫の内容チェック。賞味期限一年切れや二年切れの食材がわんさか出てくる。スパムとアンチョビーの缶詰以外は回収〔スパムの缶詰は10年経つと絶妙の芳醇味が出てきて絶品と化するらしいので置いておく〕。
  9. 懐中電灯などの電池チェック。ラジオなどの陸上使用前提のものは全部駄目になっている。ラウドスピーカーなどのマリン用機器の電池はOK〔電池ケースの気密性の問題だろう〕。
  10. 水タンクチェック。200リットルほとんど満タンだったが、1年以上汲み置いた水はキモチが悪いので全部排水。蛇口三つを全開にして電動ポンプを使い20分。空になった。
この後、船を岸壁に回し給水とデッキ洗いをし、ついでに発電機(16i )を降ろすつもりだったけれど、疲れたので止め。お弁当を食べて休んで帰ってきた。僕としては働いた方。

忘れてた。家内にも手伝って貰った。写真:






2012年8月6日月曜日

西伊豆で2年ぶりサンマ漁 8月11日出港予定 | 静岡新聞

いよいよ8月11日出航ですか:
西伊豆で2年ぶりサンマ漁 8月11日出港予定 | 静岡新聞: 西伊豆町安良里の豊幸漁業(藤井茂行社長)が8月11日、2年ぶりのサンマ漁に向けて同町の安良里港を出港する。サンマ漁廃業も考えた藤井社長だが、東日本大震災の被災地で再建に向け奮闘する人々の姿を見て出漁を決意。被災地復興の思いを胸に、出港の準備を進めている。
例年、サンマ船が帰ってくると、我々みたいなマリーナ係留艇にもお裾分けが戴けるのだ。たいへん感謝している。今年は松崎で「大サンマBBQ」をやってみるかな。東京じゃとても無理だから。

2012年7月27日金曜日

沈没の英商船から大量の銀塊

フロンティアが消滅し、すっかり夢が小さくなってしまった今の時代、 こういうニュースは貴重だ。血湧き肉躍るね。
ニュース - 文化 - 二次大戦で沈没の英商船から大量の銀塊(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト: 4700メートルの深海に沈んだ銀塊240トンは当時の価値で60万ポンド、現在なら1億5000万ポンド(約180億円)になる。
拝金主義と軽蔑することなかれ。人類の文明は、こういう「一攫千金」の動機付けがあって始めて進歩してきたのである。制度に寄生して自分は日の糧を貰い、そのくせ他人の金儲け願望を軽蔑する「進歩的文化人」とやらが〔ホントに多いですな〜〕今どきの流行らしいが、あいつらがメシを食えるのは、彼らが軽蔑する「カネの亡者」こそが冒険心を発揮して国の富をつくり出してきたからにほかならないのだ。

銀塊のほとんどは、所有権を持つ英国政府ではなく、引き上げた業者の取り分となるらしい。さすが英国は海賊の子孫。こういう冒険心の高尚さを理解している。

舵の入港ガイドは当てにするな! : 満天☆の海-2

安良里の「カケス」の船長が憤っておられる:
舵の入港ガイドは当てにするな! : 満天☆の海-2: 8月号付録関東水域主要マリーナ入港ガイドP9三崎フィッシャリーナウオーフのおそらく三崎港東口第1号灯浮標と思われる経度がとんでもない位置になっている。
この位置情報を鵜呑みにしてGPSに設定し大島を出港したら真鶴に連れて行かれるが、それよりも一番こわいのはちょっとだけズレていて暗礁に乗り揚げてしまうことだ。
同じく西伊豆重須「きらきら丸」船長の岡敬三氏も他人の情報はあまり当てにするなと書かれてたな。海に出れば、交番はもとより、ガソリンスタンドも、病院も、食い物屋も、な〜んにもない。すべては自己責任の世界だ。 海を制したアングロサクソンが世界の覇者となったのは、確かにニクタラシイが、理由がないことでもないのである。

2012年6月17日日曜日

Letter from Arari Port: ラベルごと記事一覧 INDEX

このブログのカテゴリ〔ラベル〕別記事一覧表を作りました。自動更新されます。サイドバーの一番上(Site Map)にリンクを入れておきますので、適宜ご活用下さい:

Letter from Arari Port: ラベルごと記事一覧 INDEX

標準のBlogger ではこういうことは出来ないのですが、ネットにはすごい専門家がいるものです。Blogger Page に html code を組み込む裏技を教えていただきました。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。とても簡単です。

2012年6月9日土曜日

上架船底塗装、今年からやり方が変わったこと、斉藤実さんの船を身近に見たことなど


例年、船底掃除と塗装は安良里漁協に依頼してきたが、今年から船台所有者のアラリシップビルダーズとの直接契約にして欲しいとのこと。今まで船台を漁協が借りる形で手が空いている漁師さん達を使って塗装をやっていたが、みんな高齢化してしまい、やる人がいなくなった由。あれ、かなりきつい仕事だから、仕方がないか。

漁協の対岸のアラリシップビルダーズにクルマを乗り入れ、テンダーと人手を貸して貰い、バースに「でんでん」を取りに行く。船台に船を押し込むと、すぐに引っ張り上げてくれる。船底はかなり汚れていたが、5人がかりでやるので、あっという間に掃除が完了。天気の合間を見て作業するには人手が多いに越したことはない。

ちなみに汚れていた船底の写真〔恥ずかしいけれど〕:


去年身体を壊してからはほとんど乗っていないので汚れがひどい〔動いていないと効きが悪いタイプの船底塗料を使用している〕。それにしても一年でこんなに汚れるとは。

亜鉛もなくなりかけ。ただプロペラシャフトに付けていた亜鉛だけは健在。「ペラクリンを塗ってから亜鉛を巻いていたので絶縁されており防蝕電流が流れなかったためだ。こんなことをやるのはバカの見本」との工場長のご託宣。スミマセン。

ちなみにこの工場長、松崎町の人。なかなかいい人である。

さて、いつ船底塗料を塗るか天気次第だが、船を降ろすとなるとテンダーをどうするかなあ。船を降ろしてそのままバースに行くと、おいらは帰れなくなるし、テンダーを引っ張って行こうにも漁協の共同テンダーは対岸にあるし、頭の悪いおいらはいろいろ悩む。

閑話休題。アラリシップビルダーズの浮き桟橋に、斉藤実さんのあの世界一周ヨットがつながれていた〔ここで補修作業をしていた〕。思ったよりクラシックなヨットである。電動ウインチなんかも付いていないようだ。斉藤実さんは79歳の筈だが、どうしてあんな体力があるのだろう。偉大な人である。ヨットの写真:


2012年5月18日金曜日

船の常備薬「芍薬甘草湯」:足の攣り(こむら返り)に即効性

あのヨット単独世界一周のチチェスター郷も悩まされたという「こむらかえり」。寝ている間はもちろんコックピットにいてもよくやられる。1)筋肉疲労 2)体温低下 3)脱水状態がいけないと云うが、ヨットの上ではこれらは日常的に起こること。おいらは以前から悩まされてきたが酒の飲み過ぎで肝臓を壊してからは特にひどくなった。一度痙ってしまうと小一時間は動けない。ヨットはいつもシングルハンドなので怖くて乗れなくなってしまった。国立国際センターで相談すると近代医学では原因が究明されていないので対策はないが漢方薬なら効くのがあるというのでさっそく処方して貰った。芍薬甘草湯。今週から飲み始めたが、効果は驚異的! 長時間歩いても平気だし、昨夜寝ているとき発作が起こったが、芍薬甘草湯を飲むとわずか10分で治ってしまった。 アマゾンでも買える普通の漢方薬なので、船に常備されることをおすすめする:

 

2012年5月16日水曜日

神津島港、神津島多港湾三浦漁港の泊地情報

参考になる。メモ:

神津島港、神津島多港湾三浦漁港の泊地情報をアップ - DONのヨット暮らし - Yahoo!ブログ

2012年4月26日木曜日

連休中のテンダーの取り扱いについて

安良里漁協よりの通知:

マリーナ日記帳 : GW中の営業について: 例年、テンダーボートがどうしても不足しがちとなります。大変お手数ではございますが、自艇までテンダーボートをご利用後は、なるべく一度製氷前の岸壁まで戻していただけるようお願い致します。

と言うことは、岸壁からバースまでテンダーを使うと、ヨットに乗り込んだ後にヨットのエンジンを掛けてテンダーを曳航して岸壁まで返しに行く、またバースのヨットから下船するときはいったんヨットを岸壁に移動させ、テンダーを確保し、曳航してバースまで持って行き、バースにヨットを係留してからようやくテンダーに乗り込み岸壁に帰れと言うことか。バースから出るのはバックだし、曳航ロープをペラに巻き込まないように細心の注意が必要だな。去年ロープをペラに巻き込み大変だった。

2012年4月25日水曜日

安良里にマンボウが出たんだって!

伊豆半島 西伊豆 安良里ダイビングセンター 公式HP
安良里海況情報:おはようございます。空全体を雲が覆っている朝です。海は昨日よりもベタ凪♪穏やかな海況の中ダイビングを行えます。昨日は安良里ボートポイントの沖の根にマンボウが出現しました!!
大瀬崎に出現したマンボウと同じものか。写真入り記事:
30cmまで寄れた!大瀬崎に出現したマンボウがTBS系列のニュースで取り上げられる | スキューバダイビングと海の総合サイト ocean α(オーシャナ) 

捕まえて食べたら食い応えあると思うけれど、禁漁なのかな〜。

2012年2月24日金曜日

船の喫水は毎年少しずつ下がってくる

これは参考になる:
(あすへの話題)英国軍艦の喫水 日立製作所会長 川村隆 2012/2/20付 日本経済新聞 夕刊
会社の経営の立て直しをしゃかりきになってやっている頃、英国海軍の軍艦の話を聞いた。放っておくと英国の軍艦は、毎年1インチずつ喫水が下がり、船の航行速度が落ちてきて、やがて使い物にならなくなるそうだ。艦側に貝類が付着するとかではなく、艦の重量が毎年少しずつ増えてくるのが原因という。乗組員が勤務に慣れてくるに連れて、自分のベッドや個室などに本や趣味用などの私物を持ち込み、それが全体ではバカにならない重量になり、船が毎年1インチ沈むことになるというのだ。海軍では、従って私物の持ち込みに関して、厳重な規定を設け、かつ検査をしているらしい。
 余分なものを降ろすこと。これが今年の課題。

2012年2月22日水曜日

小型船舶操縦士免許更新……写真

5年に一回の小型船舶操縦士免許の更新。失効直前になってドタバタするのはいやなので冬のうちに済ませておくことにした。案内書に写真を二枚事前に送れとある。つい運転免許証のつもりで(免許証の写真は免許証に直接撮影するのだと思って)いい加減な写真を処分がてらに送ったら、更新講習後に写真撮影がない! あらら「あの送った写真を使うの?」と聞く「いかにも」とのご返事。もっとマシなのを送るべきであった。

 法令変更。今度から飲酒操縦とライジャケ着用に厳しくなったみたい。

2012年1月8日日曜日

アラビア船のレース画像

スローカム船長が地中海で追いかけられたアラビアの海賊船はこんな形だったんだろうな。すごく速そう。当時のヨーロッパ船はすぐに掴まってしまったはず。

 

2011年12月28日水曜日

昔の写真、こんなのが見つかった!


70年代の油壺。背景に木造マストが二本。そんな時代。散人にもこんな時代があった。